You are currently viewing WeWork Japan – スペースの最適利用を目的とした人数カウントの導入

WeWork Japan – スペースの最適利用を目的とした人数カウントの導入

WeWork Japan は、人数カウント ソリューションを専門とする大手テクノロジー プロバイダーと提携しました。 彼らは、高度なセンサー、カメラ、機械学習アルゴリズムを利用して、各コワーキング スペースに出入りする人の数を追跡する最先端のシステムを実装しました。 ソリューションには次のコンポーネントが含まれていました。

1. センサー ネットワーク: WeWork の拠点の出入り口に目立たないセンサーが戦略的に配置されました。 これらのセンサーは赤外線技術を使用して動きを検出し、通過する人の数を正確に数えました。

2. カメラ:空間内の人の流れを追跡するだけでなく、会員と非会員を視覚的に確認して区別できるようにするために、高解像度のカメラが設置されました。

3. データ分析プラットフォーム: センサーとカメラからのデータは、集中分析プラットフォームに供給されました。 このプラットフォームは情報をリアルタイムで処理し、WeWork に各場所の最新の占有率データを提供しました。

4. モバイル アプリの統合: メンバー エクスペリエンスを向上させるために、WeWork は占有率データをモバイル アプリに統合しました。 メンバーはリアルタイムの占有レベルを確認し、特定の場所をいつ訪問するかについて情報に基づいた決定を下すことができます。

結果
人数計測テクノロジーの導入により、WeWork Japan にはいくつかの大きなメリットがもたらされました。

1. 最適化されたスペース利用: WeWork は、スペースが 1 日を通してどのように使用されているかについて貴重な洞察を獲得しました。 このデータにより、座席の配置を再構成し、会議室をより効率的に割り当て、共用エリアの使用を最適化することができました。

2. 会員エクスペリエンスの向上: 会員は、モバイル アプリを通じて利用できるリアルタイムの占有率データを高く評価しました。 場所を訪問するのに最適な時間を選択できるため、より快適で生産的な体験が保証されます。

3. リソースの割り当て: WeWork の運用チームは、占有率データに基づいてスタッフとリソースをより効果的に割り当てることができます。 使用量が少ない時間帯にメンテナンスをスケジュールし、ピーク時に適切なサポートを確保できます。

4. データ主導の意思決定: WeWork Japan は、拡張、拠点のアップグレード、リソース投資に関してデータ主導の意思決定を行うことができ、その結果、全体的な業績が向上します。

結論:
WeWork は、日本の拠点に人数カウント テクノロジーを導入することで、柔軟で革新的なワークスペースを作成するという使命を忠実に遂行することができました。 WeWork Japan は、スペースがどのように利用されているかをより深く理解し、会員のニーズに積極的に対応することで、この地域で優先されるコワーキング スペース プロバイダーとしての地位を固めました。 このケーススタディは、コワーキング業界におけるデータ主導の意思決定の力を証明するものとなります。